貸金業法の適用を受けなければ総量規制の対象外

キャッシングの借り入れを制限するのが総量規制ですが、すべてのキャッシングにこの総量規制がかかるわけではありません。
総量規制は貸金業法の規定のため、貸金業法の適用を受ける事業者にのみ制限がかかるのです。
貸金業法の適用を受けるのは消費者金融と信販会社、つまり消費者金融のキャッシングとクレジットカードのキャッシング枠が総量規制の対象となります。
一方、銀行カードローンや信用金庫、JAなどのキャッシングは総量規制対象外となります。
これらの金融機関は銀行法の適用対象となるため、貸金業法は適用されないのです。
貸金業法が適用されなければその規定である総量規制も対象外。し
たがって、総量規制の影響を受けないキャッシングを選ぶなら、銀行や信用金庫から探せばよいということになります。