カードローン

その日、会社近くの銀行ATMで給料を下ろしたときのことです。

お金が出てきた後、ATMの画面にカードローンの案内が出ていました。

何気なしに「はい」を押してみました。画面が切り替わり、後ほど連絡する旨の文章が表示されました。

そして電車に乗って帰宅中、携帯に知らない番号から着信がありました。

丁度降りる駅でしたので、下車後電話を取ると先の銀行からでした。時間は午後6時半頃。

まさかこんな時間にかかってくるとは思いませんでした。

電話の担当者はATMで案内を希望されたこと、今なら即50万まで借入可能であることを告げられました。

さらには特に契約書の記載も必要なく他提出書類もありませんでした。

電話一本で50万の借入が受けられる事になり少々驚きました。

この先何があるか分からないご時世のため、その場で了承しました。

その後、突発的な出金の時だけ借りることにし、返済中は節約する等、上手に付き合っています。