会社では旧姓のままで仕事をしているけど・・・在籍確認は大丈夫?

結婚すると女性のほうが男性の苗字に合わせることが圧倒的に多い今日、一方で結婚したからといって、職場の苗字を変えていない人も多いのではないでしょうか。もちろん戸籍情報上の苗字が変わっている以上、銀行口座、公的証明書(免許証、保険証など)は正しく新しい苗字にする必要があります、そのため、仕事の便宜上でのみ旧姓を使っている場合があります。

さて、いざキャッシングの申し込みをした場合、もちろん公的証明書を使用して自分の氏名・身分を明らかにする必要があります。そして審査の過程で在籍確認が行われます。在籍確認は、申し込みをした人間が本当にその企業に在籍しているの確認するための仕組みです。

さて、会社で旧姓を使っている人はどうなるか、在籍確認を旧姓で行って貰うことは出来ません。なぜなら、キャッシング会社は、その旧姓が本当に旧姓で、貴方と同一人物なのかどうか、確認するすべがないからです。

そんな時にはおとなしく会社でよく電話を出る人に、「クレジットカードに申し込んだので、在籍確認の電話があるかもしれない、私の本名はこれなので、いないと言わないで下さい」とお願いしておくことが大事です。そんな人いません、とうっかり言われてしまったら、在籍確認の審査に落ちてしまいますので、気をつけましょう。