無人店舗でキャッシング契約をしてきました

前からいちど消費者金融の申し込みが出来る無人店舗に入ってみたいと思っていました。私の地元にも有名消費者金融の無人店舗があります。私はその無人店舗に遂に入ってきました。ちょうど愛車の車検費用を捻出する必要もあり消費者金融の無利息キャッシングを使ってみても良いだろうと思ったので申し込みのために無人店舗を利用してきたのです。

職場の仲間に消費者金融の利用者がいるのでキャッシングには特に抵抗はありませんでした。その仲間から無利息キャッシングのことも聞いていたのでお金を借りるなら消費者金融を使ってみようと思っていました。私が無人店舗に行ったのは休日出勤の後の月曜の午後でした。無人店舗の内部には駅の切符販売機のようなタッチパネル式の機械が置いてあり未来的な印象を受けました。申込用紙も機械から自動で出てきて、記入した用紙は機械でスキャンして提出するようになっていました。

センターにいると思われる女性オペレーターとも会話が出来るようになっていて私は念のため無利息キャッシングのことを詳しく聞きました。申し込みが終わると審査が始まりました。審査が終わるまで30分くらいはかかったと思います。無人店舗の中にひとりでいるのは少し緊張しました。

緊張の時間が過ぎて審査に合格するとキャッシングカードが機械から発行されました。これで私もキャッシングの利用ができるようになったというわけです。今は消費者金融の申し込みもパソコンやスマホで出来る時代ですが、無人店舗を利用すればキャッシングカードがすぐに発行されます。急いでいる方は無人店舗から申し込みをしてキャッシング契約するのが早くて良いのではないかと思っています。

利息不安のないキャッシングの利用の仕方

それほど利用回数は多くないのですが、パート代が入る前などにお財布の中身が寂しくなると消費者金融のキャッシングでお金を借りています。キャッシングを利用するとき私が気を付けていることは借り過ぎないようにするということです。当たり前のことですが、借り過ぎてしまうとそれだけ利息も大きくなってしまいます。

借りられるからと言って必要でもないお金を借りて余計な利息を払うのはお金の無駄使いとなります。利息に関して言えば、返済するまでの期間もできるだけ短くするようにしています。消費者金融の利息は日割り計算されますので、返済にかかる日数が短ければそれだけ利息も安くなるのです。

私が今まで払ってきた利息の平均額はだいたい150円程度という感じです。私がキャッシングで借りているのは2万円くらいと少額です。パート代が出るまでの繋ぎとして借りているので返済期間はいつも1ヶ月未満です。金利は年率で18%です。このような使い方をすると銀行の金利と比べると高い消費者金融のキャッシングですがだいたい150円程度の利息で済ますことができます。

消費者金融からお金を借りると利息が高くなると不安に思っている方も多いと思いますが、気を付けて利用していけば問題なく使っていくことができます。これから消費者金融を利用してみたいと思っている方の参考になれば幸いです。

知っておきたいキャッシング返済について

キャッシング 返済したお金を返済するのは当然なのですが、意外と借りる事ばかりに意識がいってしまい、返済のシステムなどはそこまで具体的にはわかっていないという方もいらっしゃるでしょう。なのでこれから知っておきたいキャッシング返済に関する事を紹介していきたいと思います。

キャッシング返済には利息がつきますし、カードローンやクレジットカードごとに返済方式がありますので、それにのっとって自分で毎月どのくらいの返済額になるのかの計算はしにくいかと思います。そうなった時には、返済シミュレーションを利用してみてください。借入金額と利息などを入力すると、自動で返済額を計算してくれますのでとても便利だと言えるのではないでしょうか。各カードローンやクレジットカードのホームページやマイページなどで返済シミュレーションは利用ができますので、どんどん活用していきましょう。

またカードローンの場合、一度借り入れをしてそれをまだ返済していないとしても、限度額内であれば何度も追加でキャッシングができるという事も意外と知らない方が多いようです。こちらもあわせて覚えておきましょう。ただし借り過ぎには十分に注意を払うようになさってください。

大手消費者金融3社の金利比較

魅力的なカードローンやキャッシングサービスを発信している消費者金融ですが、それぞれのキャッシングサービスの細かな違いについて詳しく理解をしている人というのは思いの外少ないと思われます。そこで大手消費者金融であるアコム・アイフル・プロミスの3社の金融機関のメインのキャッシングサービスの金利についてそれぞれのメリットについて紹介をします。

・アコム(キャッシング専用アコムカード)

金利は年4.7%から18.0%で初めての契約者であれば30日間無利息で利用できるキャンペーンも行われています。

・アイフル(キャッシングローン)

金利は年4.5%から18.0%となっています。

・プロミス(フリーキャッシング)

金利は年4.5%から17.8%で、初めての契約者を対象に30日間無利息でキャッシングができるキャンペーンがあります。

このように比較をしてみますと、金利面で最も優位性があるのはプロミスのフリーキャッシングであることがわかります。あくまでも各機関で取り扱いのある一商品同士の比較でしかありませんし、キャッシングサービスの使いやすさは金利だけで決まるものではありません。

しかし消費者金融に申し込みをする上で一つの目安なり参考にしていただければ幸いです。

キャッシングやカードローンの大きな誤解とは

キャッシングやカードローンを利用している多くの人は何かしら後ろめたい気持ちを持たれているのではないでしょうか?それはキャッシングやカードローンと聞くと多くの人が何かしら悪いイメージを持ってしまう傾向があるからだと考えます。しかしながら、これは大きな誤解です。

生きていく中で、どうしても今すぐにお金が必要な時って人生に一度や二度あっても不思議ではありません。そのような時に自身の回りでお金を工面してくれる人がいれば良いのですがすべての人がそうではありませんよね?そのような時に何とかできる方法がキャッシングやカードローンなのです。

企業が運転資金として金融機関からお金を借りながら操業しておりますが、これと全く意味は同じです。どちらも借入金だからです。金融機関からの借入はOKでキャッシングやカードローンがNGというイメージそのものが大きな誤解であり間違いなのです。

キャッシングやカードローンはお金がすぐに必要な時に用立てる事ができる1つの方法であり対策です。返済予定をしっかりと立て上手に使う事がキャッシングやカードローンの大きな注意点である事は言うまでもありません。

それほど負担にならない利息

利息なしで即日で借りれる銀行カードローンはあるのか?
http://www.kuettner-uk.com/entry8.html

キャッシングの利用をためらう方の多くに「利息が高そう」という理由があります。やはりお金を借りることは、今までの収入を得てそのなかで生活をするというものとは、真逆の行為になりますから、不安を感じるのも無理はありません。

しかしながら、キャッシングを上手に使えばストレスなく返済をすることができますし、何よりお金が足りないという理由で、見送っていたことのすべてができるようになるというメリットが得られるわけです。時間は、もとに戻りませんから絶好のタイミングを逃さないためにもキャッシングを有効活用するのは、人生の勝ち組になるためには欠かせないことなのです。

そんな気がかりなキャッシングの利息ですが、毎月の返済で大変に感じるような額になることはなく、10万円借りたとしてもひと月の返済には2千円もかからない低額なものです。つまりはちょっとした手数料でお金を借りていると考えたほうが良いでしょう。収入が一時的に少ないという状態と考えて、1年程度をかけて返済をしていくという長期的スパンで考えれば全く負担になることはありません。

そして少額の融資なのであれば、一括返済をするのも問題なくできます。長期的に返済するお金と、短期的にすぐ返すお金を分けると返済がしやすくなります。どうしても、一括で返済しないといけないという考えに陥りがちですが、長い時間をかけて返済するものと、そうでないものを分けておくことで、返済のストレスが軽減されますから非常におすすめです。

カードローンの増額申込みについて

カードローンを利用してキャッシングをする場合において、あらかじめ契約で融資を受ける限度額を決めることになります。しかしいろいろな事情によって、当初決めた額以上の融資を受ける必要性が出てくることもあり、そのためには限度額の総額をすることになります。

そしてカードローンの増額申込みをするためにはどのようにすればいいのかというと基本的に最初に申込みをした時と同じように手続きをすることになるのですが、審査は増額後の限度額が融資可能かどうかを判断されることになります。

そこでどのようにすれば増額申込みをして審査に通りやすくなるのかというとまずカードローンの利用実績をしっかり作ることです。金融機関側は信用のある人のほうが融資をしやすいと考えているので、一定の期間継続的に利用して延滞することなくしっかり返済をすることによって審査に通過しやすくなります。

それから自分の収入をできるだけ上げることによって増額に対応してもらえる可能性も高くなります。収入アップの方法にも本業での仕事を頑張るという手もありますが、副業をして収入アップをするという方法もあるので、決して難しいことではありません。

さらに残債がある場合はなるべく少なくすることによって増額の審査にも通過しやすくなります。

即日融資のためにすべきこと

今すぐにお金を借りたい、待つことは嫌であるという人は多いものですが、そのような人はキャッシング即日融資をしてみることです。

消費者金融のアコムやプロミス、レイクなどほとんどのところが即日キャッシングに対応しています。とはいえ、深夜でも融資が受けられるわけではなく、初めての利用であれば締め切り時間というものがあります。

多くの消費者金融では平日で14時くらいまでになっていますのでそれよりも遅くに契約をしようとすると当日融資は難しいということになってしまいます。それでできるだけ早い時間に契約するようにすること、そしてWEBを利用した契約申し込みがスピーディにいきます。必要になる本人確認のための書類の準備などを怠らないようにすればキャッシング即日は可能です。

審査と総量規制の関係

キャッシングの審査を受ける場合、必ず注意しなくてはいけないことが総量規制についてです。

総量規制とは、過剰な借り入れを規制するものであり、年収の3分の1を超過する借り入れを禁止する法律となります。総量規制対象外とする商品がないこともないのですが、基本的には賃金業者の扱う商品の多くが総量規制の対象となっており、年収の3分の1を超える借り入れが禁止されています。

総量規制にあたる借り入れについては1社ごとの借り入れ金額ではなく、他社の借り入れを含めた総額となります。返済が滞ってしまい、借金が膨らみ続けているような場合、総量規制の対象となって新たな借り入れが行えなくなってしまいます。申込者が総量規制の対象だった場合、賃金業者側としては審査を強制的に否決と判断します。

賃金業者は金利を含めた金額の返済が行われてはじめて利益となるわけですから、総量規制まで借り入れを行っている申込者を顧客として認めたくはないということは自ずと理解できるはずです。よって、審査を受ける前には現在の借り入れ件数、借り入れ金額についても整理しておくことが必要となります。

また、総量規制に満たない金額の借り入れであったとしても、一定の借り入れ金額や複数社からの借り入れが信用情報機関から確認された場合、審査は否決となってしまうこともあります。これも先述通り、返済能力が乏しいと判断されてしまうためです。つまりは、総量規制には届いていないからと安心してはいけないということになります。

このように、総量規制の問題は借り入れだけではなく、審査においても強く影響していきます。審査に不利となるような借り入れ状況については、ある程度の日数が経過しないと除外できないものもありますので、常日頃から借り入れしたものは期日通りに返済し、滞りなく完済することが大切となっていきます。

仮に、属性審査などでは問題なく通過できていたとしても、このような過去の借り入れ状況によっては否決もくらってしまう可能性があるのだということを念頭に、みなさんには審査に臨んで欲しいと思います。

キャッシングと銀行カードローンはどちらがお得なのか?

お金に困ったときに頼りになるのが消費者金融です。必要なときに迅速にお金を借り入れができるという審査のスピードの早さが売りです。とはいえ、実際に利用しようとするときに悩むのがキャッシングがいいのか、または銀行系カードローンが良いのかという点です。今日はこの点について記したいと思います。

まず、キャッシングは銀行系のカードローンと比べてどんなメリットがあるのでしょうか。最初に挙げることができるメリットは審査のスピードです。もちろん、銀行系カードローンも審査のスピードが遅いわけではありません。しかし、実際に銀行系カードローンを利用するとなると、まず口座を開設する必要があり、そのために1週間ほど時間が必要となってしまいます。つまり、その日のうちにお金が欲しいという時に利用することができないのです。その一方でキャッシングの場合には、申し込む時間の条件が合えば、新規の顧客であったとしても即日キャッシングを利用することができます。

では、銀行系カードローンを利用するメリットは何でしょうか。やはり一番のメリットは金利がキャッシングと比べて低いということです。キャッシングの場合には上限の金利は18%となっています。一方で銀行系カードローンは大体15%ほどです。ですので、長期に渡って返済する計画ならば、キャッシングよりも銀行系カードローンのほうが負担が少なく、返済することができます。

さらに銀行系カードローンのメリットは、総量規制の対象外であるということです。総量規制とは年収の三分の一まで消費者金融はお金を貸し出しできるという規制です。これはキャッシング業者に適用されます。そのためキャッシングを利用できる人は限られてきます。しかし、銀行系カードローンの場合にはその対象外ですので、利用できる人の枠が広いといえます。

このようにキャッシング、銀行系カードローンにはそれぞれ長所短所があります。まずは自分の条件を考え、どちらがよりお得か考えることが重要です。